3Dレーザースキャナ3D LASER SCANNER

3Dレーザースキャナ

地形、構造物等をスキャンすることにより大量の3次元点群データを取得し、点群処理ソフトウェアによりフィルタリングを行い、グラウンドデータを作成します。グラウンドデータより、等高線作成、断面作成、土量計算等が可能なため地形測量、縦横断測量、起工測量等に活用出来ます。

トプコンGLS-2000

測定範囲
40m~350m
スキャニング角度
水平360° 鉛直270°
スキャニング速度
最大120000点/秒
角度精度
水平6″ 鉛直6″
距離精度
1~110m時 3.5mm

トプコンGLS-2000


従来はトータルステーションの直接接触による「単点」での計測でした。
3Dレーザースキャナを使用することで、非接触で1秒間に最大5万点の点群データ及び写真データを高密度に連続取得することにより「面」的3次元計測が可能となり、より正確に対象構造物の形状をデータ化して保存できるようになりました。 取得したデータは、データ処理により、必要に応じて図面データ(汎用CADデータ)にも、3次元データとして立体的にも変換できます。

点群データとは3Dレーザースキャナで計測された一点、一点の位置データ、3次元座標データ(X,Y,Z)のことです。


地上レーザー計測

レーザー計測と写真撮影を行い、三次元座標、反射強度、写真データを取得します。人の立入りが困難な箇所でも安全に作業が行えます。

危険個所でも300m離れた場所から安全に地形を計測することが可能となりました。
そのため、立入ることが困難な山腹崩落等の災害現場での使用が可能となり、従来より安全に地形の計測を行えるため、現場の作業時間・経費の削減につながっています。


点群データ処理(使用ソフトは「TERND-POINT」「LandForms」)

点群処理ソフトにて、レジストレーション、カラーマッピング、フィルタリング等の処理を行い、グラウンドデータを作成します。

グランドデータを基に、等高線作成、断面作成、土量計算等が行えます。


  1. 1レジストレーションとは位置合わせのこと特徴点を用いて膨大な3次元点群データの位置合わせを行います。
  2. 2カラーマッピングとは写真の合成のこと位置合わせを行った3次元点群データに色が配色されます。点群に色が配色されることにより、より鮮明な点群データが作成できます。
  3. 3フィルタリングとは不要なノイズ等を除去すること木や人物、車等の不要な点の削除し、地表面だけの点群を作成します。
  4. 4グラウンドデータとは地形の斜面形状のこと3Dレーザースキャナで観測することで、地表の点群データを取得し、現況の斜面の形状、グラウンドデータ=地形データを作成することができます。

TINデータ

等高線データ


TINデータ(不規則三角形網)とは標高の表示方法の一つです。
点群データを結んでできる不規則な三角形によって構成されます。
これらの三角形は地形が平坦なエリアでは大きく、また、地形の変化が激しいエリアでは小さくなるため、地形状態の変化(たとえば、山頂や斜面の末端、尾根、谷底、くぼ地など)を特定したい場合などに活用できます。

3D点群処理システムとして当社は、TREND-POINT(トレンドポイント) を使用しています。

「TREND-POINT(トレンドポイント)」は国土交通省が推進する”i-Construction”に対応し、UAVや3Dレーザースキャナ等で撮影したデータから点群データの処理・活用を支援するソフトです。膨大な点群データを快適に取り扱うことが可能で、ゴミ取り機能が充実しているため点群データの加工が容易です。断面作成、メッシュ土量計算などが行え、”i-Construction”の出来形管理要領に準拠した成果作成にも対応しています。

TREND-POINTは、 NETIS(新技術情報提供システム)にも登録されています。