UAV搭載型レーザースキャナUAV powered by Laserscanner

近年測量業務は、3次元化が急速に進んできています。当社は2015年に3次元データ作成のために地上型レーザスキャナ、2016年にはUAV(Unmanned Aerial Vehicle無人航空機;通称ドローン)を導入していましたが、更にUAVとレーザスキャナの機能を合わせ持つUAV搭載型レーザスキャナを2018年に導入しました。

UAV搭載型レーザースキャナ

DJI社製Matrice600ProにTDOT PLUSを搭載し、上空よりレーザ計測を行い、高密度のレーザ照射により対象地物の形状を直接計測し3次元モデルを作成します。

TDOT PLUSのスペック

製品名
TDOT PLUS
本体サイズ
W260×H186×D150 mm
本体重量
1.8kg
発射レート
60.000パルス/秒(4エコー)
距離
受光強度≧30%~200m over
視野角
90°(±45°)
測距精度
±4mm@50m、±20mm@150m(1σ)

UAV搭載型レーザスキャナ


  1. 1TDOSPLUSは、重量わずか1.8Kgのコンパクトなシステムで、DLI社製Matrice600Proに搭載した場合、約27分のロングフライトが可能になります。
  2. 2照射されたレーザパルス毎に最大4つの応えを返すもので、樹木の表面から中間の幹、そして地表面と、より多くのデータを取得することが可能です。

計測事例

計測箇所の上空

飛行ルート


計測結果

オリジナルデータ

草木等を含んだ地表面の高さのデータ


断面図

レーザが枝、葉の隙間を通り抜け地表面を計測できていることが確認できる。


グランドデータ

草木等の不要物をフィルタリング処理により除去した地表面データです。


UAV搭載型レーザスキャナの特徴

上空からレーザ光を照射するため樹木の影響が少なく、効率良く地表面を計測できます。

移動しながら計測を行うため広範囲を効率よく計測できます。計測を東西、南北と十字架に飛行することで陰影部をなくすことができます。